【鼻整形】本当に良い美容外科の選び方2、ドクターブログを研究しよう!

こんにちは😃

 

昨日の続きです。

 

「鼻について詳しそうな先生orクリニックを見つけた!」

 

それからについてお話しします(`ω´)

 

f:id:megami_no:20181112163506j:image

 

まず、そのクリニックのドクターが書いているブログがないか検索します。

 

ホームページ内に掲載されている症例はよく見た方がいいのはもちろんなのですが、最近は法律が変わって、ビフォーアフターの写真を大々的に使用しづらくなっているようです。

 

なので、ブログにこっそり掲載されているドクターもいっしゃいます。

(中には、上げてすぐに下ろすという時間限定で症例写真を掲載しているドクターも…(oロo)!!)

 

もしブログを発見できればラッキーです。

 

そのドクターがどのような手術手法を得意としているか、どんな形が好みなのかなどを分析しましょう。

 

個人的に鼻手術に関してとても勉強になったクリニックホームページはこちら↓

新宿駅近美容外科!もとび美容外科クリニック!

とにかく鼻尖形成への情熱がすごいです!

下の方にスクロールするとコラムがあり、鼻手術をテーマとした記事をたくさん書かれています。

 

もともと湘南で長く働かれていたドクターで、手術数もたくさんこなされていらっしゃいます。

 

個人的には、

プチ整形以外は初めて

とりあえず鼻手術に関して話を聞いてみたい!

という初心者の方におススメです。

 

鼻手術に関して、網羅的にアドバイスいただけますし、長いこと湘南で働かれていたのでそういった初心者タイプの方への説明も整っていると思います。

 

何より、鼻手術への熱意がすごいですよね笑

 

話が逸れた!戻します〜

 

鼻整形の手法

鼻の手術は奥が深いです。

 

まず鼻に尖形成の場合、

  • オープン法
  • クローズ法

といって、鼻を外側から切るのか、切らないのかで大きくわかれます。

 

私は傷が残りやすい体質なので、絶対に切りたくない!のですが、切らずにやるということは目隠ししてやるのと同じことなので、相当慣れているドクターでないとかなり難しいです。

 

さらに、美しい結果を求めるのならなおさら難易度が上がります…

なので、

クローズ法で綺麗な結果

を出されているドクターなら、ぜひ一度カウンセリングへいってお話しを聞いてみるべきだと思います。

 

そして

軟骨移植せずに高さを出している

のならなおさらです、神です笑

 

次に鼻翼縮小の場合、これもまた

  • 外側から切るのか
  • 内側から切るのか

という大きな選択肢があります。

 

そもそも、鼻の形によって外側切開か、内側かの適応が分かれるのですが、

(詳しくはこちら。詳しすぎる福田先生のご解説です↓)

Dr.福田の匠の技 鼻翼縮小術|美容整形・美容外科のヴェリテクリニック銀座院

 

私はこれも内側が良くて!!!

 

なので、内側の症例が確認できるかどうかも重要です。

 

そしてここからが肝心なのですが…

実は結構

外側切開での再手術

が頻発しているようです。

 

以前も少し触れましたが、小鼻の周りは毛穴が多いので、縫合の跡がくっつきにくいのです。

 

なので、外側切開した後傷が目立ち続け、修正に来る方が後を絶たないとの噂…

 

まとめ

個人的見解ですが、

クローズ法で移植なし、内側切開で綺麗な結果を出しているドクターはおススメʕ·ᴥ· ʔ

 

3へ続く(⊃•̀ω•́)⊃✎⁾⁾